筑駒へ行く! 2023年中学受験記

ある日、「僕、筑駒に行く」と言い出した。どうなることやら。一応S大規模α 2023受験

6月から7月はテストの連続

f:id:alasca:20200605153427j:plain

分散授業ながら、SAPIXも再開し、徐々に4年生としての勉強も本格化。

来週には自宅受験ながら、SAPIXの確認テストが行われる。ひとまず最後の自宅受験。
そして6月後半からはテストが連続で行われることになる。

 

まず6月28日の全国統一小学生テスト。

www.yotsuyaotsuka.com

小1から受け続けているので、現在の立ち位置のベンチマークとして、よほどのことがない限りは会場で受験予定。特に対策はしない。

 

問題は7月のテスト。
サピックスは、4年になってから新型コロナの影響で4教科でのクラス昇降ありのテストが実施されないままになっていたが、7月の組分けテストがついに4教科昇降ありのテストとなる。
対策はしているものの、算数・国語はともかく理科・社会がどの程度とれるのか本当に未知数。理科・社会はまだまだ穴だらけなので、知識が定着している所が出れば、いけるかもしれないがそうでない場合は、とんでもない点数になる可能性がある。あと1ヶ月くらいはあるので、できることはやっていこう。

 

そして一番の問題が算数塾の組分けテスト。本来は4月にあるものが中止となり、まだ日程は決まっていないものの、今月から授業再開ということもあり、おそらく7月には実施されるだろう。4月にやらなかった分、出題範囲も増えている。同じ塾に通っている先輩にテスト対策を聞き、今までとやり方をかえることにした。今回こそは、上位のクラスに入りたい。

 

秋になれば、新型コロナの第2波が来てまたテストが中止となり、クラスが固定されかねないので、今回のテストは本当に重要だ。