筑駒へ行く! 2023年中学受験記

ある日、「僕、筑駒に行く」と言い出した。どうなることやら。一応S大規模α 2023受験

勉強するのは嫌だけど、中受はしたい問題

f:id:alasca:20200617103653j:plain

昨日次のようなTweetをしました。

多くの反応をいただきありがとうございます。
多くのお子さんが同様なのではというご意見もあり、少しほっとしました。

その中で子供に聞くのが一番というご意見を頂いたので、夜に聞いてみました。

背景としては、子供は勉強をやりたくないとまでは言いませんが、本当に嫌そうにやることがあり、その時は集中力も欠けているので、普段やらないような間違いなども多くなっています。そのため、そんなに勉強したくないなら、やらなくていいし、中学受験やめたらと言うと、勉強はやる、中学受験もやるとけんかになることがあります。私達の伝え方の問題もあるのでしょうが、まだ小学4年生だし、気分が乗らなかったり、遊びたい気持ちがあるのもわかります。そのためだらだら集中せずに勉強するんだったら、今日はやめて明日にするとか、極論そもそも中学受験をやめればもっと遊べるのにと思うのですが、本人は一向にひきません。

 

子供に「そもそもなぜ中学受験したいのか?」「仲のいい友達と離れ離れになるのに、本当にそれでいいのか?」と聞いてみました。

 

子供の答えとしては
「将来、好きなものを好きなように買えるようにお金持ちになりたい。そのためには、確率的にいい大学にいった方がいいと思う。いい大学に行くには、今の学校より偏差値が上のほうの学校、というか筑駒に行きたい。今の学校だと中学になると課題が大変なので、大変じゃない所に行きたい。同じように大変だとしたら、筑駒がいい。あと偏差値が上のほうの学校は、乱暴者とかいじめとかなさそうだし、先生もうるさくなさそう。」

 

「今のままの成績だと筑駒は難しいと思うよ。また成績が落ちていって、今の学校より偏差値が下の学校にしか行けないようになったら、どうするの?」

と聞くと、

 

「それはわかってるけど、だからこそ今頑張ってる。筑駒に行きたい。みんなが遊んでる間に頑張ってるんだから、そんなことにならない。あと高校受験は受けられるところも限られてるし、内申点が大きくなるので嫌だ。」

 

実際はこんなに大人っぽく答えていません。何を言っているかあまりわからないのを噛み砕いて理解しました。本当に親ばかですが全体としてはわりときちんと考えてるんだなと思いました。本音としては、好きなことができる環境に行きたいというのが大きいのかなと思いました。

 

このあと、昨日の分の勉強を適当にやっていて、けんかになったんですけどね。。。

 

とはいえ、子供の今の考えをきちんと聞けて、いい機会になりました。
本人のやる気がある間は、サポートしていきたいです。