筑駒へ行く! 2023年中受記

ある日、「僕、筑駒に行く」と言い出した。どうなることやら。一応S大規模α 2023受験

もうすぐ学校も塾も再開か

f:id:alasca:20200521170304j:plain

関西圏で非常事態宣言が解除され、首都圏もおそらく現状が続くと過程すると、5月末には解除の方向に動くと思われる。
SAPIXは関西圏では、宣言の解除を受けて本日より順次授業再開のアナウンスがされている。ということはSAPIX首都圏も解除されれば、順次授業再開の方向へと動いていくのだろう。

小学校も塾も再開されたとしても、行くか行かないかは各家庭の判断になる面が多くはなるだろうが、本当に悩ましい。

 

小学校

本当に悩ましい。4年になり、これまでの感じと大幅に変わるらしく、足並みを揃えないとあとで大変になりそうな予感がする。


現状は週に2,3回のオンライン授業とウェブ配信による問題集などの宿題となっている。おそらく解除となったとしても、最初は分散投稿や半分オンラインみたいな形で始まると考えられる。
バス通学だが、当面の間は少し時間がかかるものの、体力づくりも兼ねて徒歩通学。

 

行かないと選択肢はない。やはり、Zoomで見ているだけでも競い合える=刺激を受けられる回りの環境というのは非常に子供にとって大事だと痛感する。とはいえ、特にSAPIXは子供以上にお迎え時の親たちの「密」が気になる。

 

習い事

運動系の習い事は制限が解除されていても、しばらく休止するか、退会。もしくは外であまりコンタクトがないもの(あるかはわからないけれど)に変更。
もとから体力があまりある方ではないので、これが一番心配。

 

テスト

月末の早稲アカの自宅受験の

www.waseda-ac.co.jp

は、正直どこまで精度高く、立ち位置が判明するかはわからないもののこの3ヶ月の結果を見てみるという意味で申し込んでみた。
6月のSAPIXのマンスリーが自宅受験なのか、校舎でやる場合クラス昇降対象になるのか非常に気になっている。

 

6月から少しずつ日常に戻っていくのだろうけど、秋にはおそらく第2波、第3波が来るだろう。治療薬やワクチンがまだできない中で、どのように子供を守って行きながら、中学受験に備えていくか悩む期間がまだまだ続きそうだ。